大学受験・予備校グローバル最前線PRELUDED.NETオフィシャル

英語資格・検定には3つのジャンルがある

ここでは、数多い英語資格・検定のなかから、自分にピッタリのものを選ぶうえで大切な資格の種類について紹介しましょう。

まず、資格は国家資格、公的資格、民間資格の3つに大別されます。国家資格は、法律によって取得条件が定められているものです。語学系の資格では、通訳案内業試験が、これに当たります。運輸省管轄の試験で、合格後に都道府県知事から免許を受けなければ、通訳案内業(通訳ガイド)の仕事をすることはできません。公的資格は各省庁が認定あるいは後援する資格です。

特に認定の場合は、資格としての一定のレベルの基準が定められています。該当する資格としては実用英語技能検定(文部省)、工業英語能力検定試験(文部省)、翻訳技能審査(労働省)などがあります。また、各省庁の認定・後援がない場合でも、広く認知され、社会的な評価の高いものは公的資格として扱われます。

民間資格は、その名の通り民間企業が任意に実施するものですが、広く社会的に認知されている資格もあります。留学などの基準となる資格・検定については、各国の政府関係機関が関与しているものでも、日本国内では民間機関が実施するので、本書では民間資格として扱っています。

なお本書では、一般に公開している資格・検定のうち44種をピックアップし、それぞれの資格・検定を以下の3つの大きな柱でくくっています。

?総合的な資格・検定⇒英語のスキルアップ、実力判定を目的とした資格・検定。?留学のための資格・検定⇒留学のために必要な英語能力のチェック、入学資格の取得を目的とした資格・検定。?スペシャリストのための資格・検定⇒ビジネス英語、翻訳・通訳、工業英語など目的別の資格・検定。

キミの科目選択は正しいのだろうか

英語の発音・アクセント、国語の古文・漢文、数学のコンピュータなど、短期間で得点を上げられる分野がないことはない(あとの「科目別攻略法」を読んでほしい)が、4ヵ月充分時間をかけて上げられる限界が25ポイントぐらいであろう。

1科目だけ25ポイント下回っているのであればまだなんとかなるが、2科目以上下回っているのであれば、これは相当きつい。理・社は、たしかに英・数・国より簡単に点数をアップできるが、50ポイントを超すと難しいだろう。残り4ヵ月のおいた、その科目ばかりやっていていいのなら可能かもしれないが、そうぃうわけにはいかないはずだ。

さあ、こういう状況に陥ったらどうしたらいいか?「志望校を下げるしかない」そう思う人は多いだろう。だが、ちょっと待ってほしい。今の科目にこだわらなくても、もっとおいしい科目があれば、それに変更して勉強したほうが大学受験では有利なのではないだろうか?

読もうとしないことがポイント

買ってまだ読んでいない本が目の前にあるとしましょう。あなたは何のこだわりもなく、さっと気軽にページを開けられますか?

べつに本を開いても危険なわけでもないのに、どこか躊躇してしまう人は多いものです。「わからない」ことへの不安や、「わからない」自分に直面することへの恐れもあるでしょう、でもまずは「読む」ということをもっと気軽に考えてみましょう。

もし「読む」ということに負担を感じていれば、「読む」ことさえも手放してみましょう。たとえば、字を読もうとは思わずに、まるで風景を眺める気持ちで本を開けてページをめくってみてください。まずは、読もうとしないことがポイントです。絵や風景を眺めるように、とりあえず、ページをめくってみます。まったくわからなくてかまいません。

まるで。電車の窓に風景が通り過ぎていくように、ページをめくりながら流れていく文字や図を眺めるのです。不思議なことにこうやってページをめくるだけで、その本と自分との距離が少し近づいたような気になります。これが速読術の第一歩です。

Contents